八代綜合法律事務所|熊本県八代市|弁護士・司法書士・民事/刑事事件・労働問題・交通事故・離婚問題・相続問題

日常生活を送るうえで欠かせない自動車。とても便利である反面、事故が起きれば大きな被害が生じてしまいます。
交通事故を起こしてしまった場合や、交通事故の被害に遭った場合には、損害賠償の支払いについて、保険会社とのやり取りが始まることがほとんどです。その際、保険会社とどのように話を進めればよいでしょうか。

●傷害慰謝料・後遺障害慰謝料など

交通事故による損害としてはさまざまなものがあります。たとえば、傷害慰謝料や後遺障害慰謝料などです。傷害慰謝料は、入院や通院の期聞がどのくらいあったかをもとに計算されるのが一般的です。また、後遺障害慰謝料は、後遺症の重さによってその金額が変わってきます。これらの各損害について、その金額がいくらであれば適正なのか判断することは簡単ではあリません。
保険会社からは、「保険会社が適正と考える金額」を提示されることがあります。保険会社からの提示額が納得のいくものであれば、それで話を進めるのも一つの方法ですが、一般的には保険会社から提示される金額は、弁護士や裁判所が適正と考える金額よりも低いことの方が多いです。そのため、金額に納得がいかない場合や、適正な金額かどうか判断ができない場合には、弁護士に相談することをお勧めします。

●弁護士費用特約

弁護士に示談交渉を依頼すると、高額の弁護士費用がかかるのではないかということでこれを敬遠される方も多いでしょう。ところが、近年では弁護士がかかわる案件が増えているようです。最近では、任意保険に弁護士費用特約が付いていることが多く、これがその要因であると思われます。
弁護士費用特約とは、交通事故に関する損害賠償を求める際、弁護士に依頼する費用を保険会社が負担するというものです。この特約が付いていれば、弁護士費用は保険会社が負担することになるため、ご自身で弁護士費用を負担する必要はありません(ただし、保険会社が負担する金額には上限があり、これを超える費用はご自身で負担しなければならない場合があります)。
契約内容によって異なりますが、交通事故の被害者が自動車を運転しない場合であっても、その家族が加入している任意保険で弁護士費用をカバーできる場合もあります。任意保険の契約内容をあまり把握しないままに契約をしている方は、一度ご自身が加入されている任意保険の契約内容を確認してみることをお勧めします。

※八代市の無料情報誌「やつしろぷれす」平成29年9月号に掲載されたコラムです。